参加者の年齢層を考えた景品選び

人の好みは千差万別、十人十色ですから、二次会の参加者全員が納得して欲しい景品を用意することは難しいものです。しかし事前に調査することによって、ある程度の望みは叶えることが可能です。参加者の年齢層を調査することは、会場を盛り上げる景品選びにとても参考になります。年齢によって趣味や好みは異なりますので、例えば会社の飲み会のような幅広い年齢層が参加する二次会の場合には、それぞれの年齢層に合わせた景品選びをしていけば良いわけです。

二次会結婚式の二次会といったシーンでは、基本的には幹事さんの年齢層と同年代の人が集まるわけですから、ある程度自分の好みに合わせて景品選びを進めていても大きな問題にはなりづらいです。このように、参加者の年齢層というデータは、景品選びに役立てることが可能です。

年齢層の調査と共に行いたいのが、各年代の性別と好みや希望のデータです。自分が属していない年齢層の好みは意外と分からないものですし、ましてや性別が異なれば趣向も大きく異なり、把握することは困難になります。したがって、自分とは違う年齢層と性別ごとの好みはあらかじめある程度調査した方が良いと言えます。それぞれの好みを把握して、景品ラインナップを充実させ、ゲームをより盛り上げてみてください。